« 夏全開 | トップページ | 目撃!、新型カングー »

2008/07/27

日本では500萬円なのだが...

むう、しばらく前に気付いたんですが、うちの近所に路駐しているこのボルボC70もなかなかすごい。錆が出ていて、直す気ゼロですね。日本では500萬円とかするクルマなんですけど...。
100_1594psweb

おまけ:
近所で路駐するDS。駐車場所がちょくちょく変わっているので、現役バリバリのようです。
100_1597ps

|

« 夏全開 | トップページ | 目撃!、新型カングー »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

可哀想なボルボ、
そして現役のDS…
日々様々ですね

故郷は猛暑が続いています
愛しいクルマたちも音を上げています。

投稿: iruka | 2008/07/28 09:11

irukaさん、コメントありがとうございます。

このボルボはさすがにどうか、と思いました。確かに走りに影響はないんでしょうが....。

DSは一度始動する(「よっこらしょ」と立ち上がる)とこを見てみたい!!
です。

投稿: あーる | 2008/07/29 05:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本では500萬円なのだが...:

» ボルボ850 GLT ESTATE(エステート) [ボルボ850の魅力]
ボルボの革新的な試みとして、FFレイアウトや横置き5気筒エンジンを採用したボルボ850。特に、セダンにすこし遅れて登場(日本へは1994年モデルから)したステーションワゴンであるESTATE(エステート)は、BTCCへの参戦も功を奏して世界中で大人気となりました。その中でもメイングレードとなったのが”GLT”で、エンジン性能はNA(自然吸気)ながら2.4LのDOHC20バルブユニットを搭載して最高出力170psを誇り、フロントはマク... [続きを読む]

受信: 2008/07/28 21:52

» ボルボV70現行型への過渡期 [ボルボV70の魅力]
1998年当時、世界的なヒットとなっていた850系とその後継の70系でしたが、850の登場からすでに7年が経過し、モデルとしては末期に近づいていました。この時期のボルボには目玉となるようなニューメカニズムは殆ど見られません。1999年に発表された、2000年向けのニューモデルに搭載された機構などでニュースになったのは、わずかに”WHIPS”(後方追突された場合のムチ打ち軽減機構)が全車標準装備になったことぐらい。そして、850ベ�... [続きを読む]

受信: 2008/07/28 22:22

« 夏全開 | トップページ | 目撃!、新型カングー »