« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006/02/26

一年点検とAUTO LIGHTS FAULT

今までサボってきた一年点検をやろうかなと、ディーラーさんとお話しをして、本日2/26持ち込み、3/4頃引き取り予定、となりました。同時に外装コートの点検もお願いしてます。

そこで、事前に気になる点をピックアップ:

1.クラッチスイッチ
以前に少し触れましたが、クラッチスイッチが切れてるようです。症状としては、
・エンジン始動できる→フットブレーキを踏みかつギアインしていない
・エンジン始動できない→クラッチを踏むだけ、クラッチ&フットブレーキ踏んでもギアインしている、など
(以前はクラッチ踏むだけで始動できていたような...。ただギアインについては以前どうだったか、うろ覚え。いずれにせよギアインのセンサはあるみたい)
時間が取れなくて、自分では配線ハズレ状況を確認してませんけど、ディーラーさん、再発しないようにきちんと修理して下さいね。

2.フューエルリッド
すき間アリアリのコレのことです。調整をお願いしました。

3.AUTO LIGHTS FAULT
実は今日ディーラーに行く途中に発生(ラッキー?なの?)。事象はつかんでいませんが、下のように表示されてます。(ライトは点いてるようですけど)
26022006psweb

他、エンジンオイル交換など一通りの消耗品交換もお願いしました。
走行12,000km余り。なかなか快調だとは思ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/02/12

ケンウッドHDX-710のHDD地図更新

今回はHDDはずし続編です。

HDDはずしとは逆の手順で元通りにしました。キーon後リセットボタンを押して終了。正味20分、大分慣れてきました...。
上がオリジナル、下がバージョンアップ後のHDD。違いは上部のシールくらい?
DSCF2381_2397psweb

HDX-710は生産中止ということもあってか、機能upなく地図更新(2003年3月→2005年3月)だけとのことですが、エンジン始動も順調なため、早速、その辺をセントレア(2004年開港でオリジナル地図に載っていない?)まで走ってきました。
DSCF2404_2411psweb

<2/12すぐ追記>オリジナルでは島内空白( ケンウッドのHP より)
910-ba2psweb

最近は、イクリプスのコレとか1DINのHDD+DVDもあるんですね。ウウ欲しいかも...。これなら、地図更新もDVDから簡単にできそうだし。

申し込みから二週間ほどかかりましたが、うまくいって良かったです。
1/26(木)バージョンアップサービスに気付いてwebより申し込み(26.25k円也)。
1/31(火)指定輸送箱到着。
2/4(土)HDDをはずして、梱包、輸送箱返送。
2/6(月)ケンウッドHDD書き換えセンター着
2/9(木)同センター発送
2/11(土)バージョンアップHDD到着(着払い)
2/12(日)バージョンアップHDD組み込み完

参照(MEGANISTE JAPON): ナビの取り付け事例


しかーし、パワーウインドウ開閉が10cm毎に停止?という感じで、何だかおかしくなってしまっていたのでした....。(バッテリー端子をはずしてから、このフレーズばっかり...(@_@;))

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006/02/06

メガーヌ始動不良の顛末

ナビHDD取り外した日の夜、映画を見に行こうとしたんですが、メガーヌのエンジンかかりませんでした...。

【状況】
・START STOPボタン押し、スタータ順調に駆動。でもエンジンかからない。四発とも死んでいる感じ...。
・警告灯は何もなし(と記憶)。
・とりあえず、あと二回ほど始動トライもスタータは元気いいが、全くかかる感じがない。
・「HDDはずしの際にバッテリー端子外したんで、その時に何かやちゃったかなー?。外した直後の始動はOKだったのになあ...。ルノー・アシタンスサービスどうしようかな」
結局、映画はあきらめて、翌朝チェックすることに...。

【翌朝チェック】
・バッテリー周りの配線確認→問題なし
・エンジン始動トライ。一発は燃えている感じ
・「あ、電気系統問題なしかも。アクセル開けて始動しよう(燃料噴射を止めて燃焼室お掃除のつもり)」
・アクセル開けて始動再トライ。アクセル開け閉めしていると「ボ、ボ、」って感じが「ボボボ」に変わっていき、何とか始動!!
・ちょっとの間、排ガスが真っ白、ガソリン臭い...
・とりあえず、その辺走って、無問題。ASR停止表示もなくなりました。再始動もOK

【原因は?】
何でしょう。症状からはプラグかぶってただけだと思いますけど。
バッテリー外したことでインジェクタから燃料漏れたのかなあ?。でも直後の始動チェックは問題なかったので...。始動チェックをすぐにやめたのも問題?

何かあると心配になります。購入から15ヶ月目、サボっていた12ヶ月点検に持って行こう、そうしよう、と思いました。(フューエルリッドすき間とクラッチスイッチ(恐らく切れてます)も気になるので...)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006/02/05

ケンウッドHDX-710のHDDはずし その1

気付くのが遅かったんですが、昨年12月から受付開始でした、HDX-710などのバージョンアップ。
1/26(木)に気付いてwebより申し込み(26.25k円也)。1/31(火)に指定輸送箱到着。2/4(土)HDDをはずして、梱包、輸送箱返送。
この記事はナビHDDはずしの覚え書きです。

(a)マニュアルに従って、バッテリー(-)端子をはずして、車両金属部分に触れて静電気放電

(b)付属の六角レンチでHDD取り外し(結構ちから必要。こうしてみるとナビの周りはすき間だらけだ...)
dscf2378_2380psweb

(c)HDDを静電防止袋に入れてから、輸送箱(梱包材付)へ
dscf2382_2383web

(d)バッテリー端子を付けて、エンジン始動、よしOKOK(ASRオフってますけど)。所要時間45分、外気温-3℃での作業でした
dscf2372_2388web

この後、輸送箱を送付しました。
ケンウッドでHDD書き換え返送後、逆手順で取り付ければOK。「簡単なものだなあ」とこの時は思ってました。
しかーし、この日の夜、エンジンが始動しなくなったのでした....。


≪2/6追記≫
本記事でHDDはずしは終了したので、タイトルの「その1」はなし(「その2」はなし)ですね。続編は「ケンウッドHDX-710の地図バージョンup」とかになりそうです

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »