« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005/07/24

フレフレのステッカー

FFCでいただいたステッカーを貼りました。今回はリアウインド(ワイプ領域外)にしときましたが何となくバランス悪いような。FBMのステッカーをこの上方に貼る予定なんですが。
dscf17411742psweb
大分増えてきましたね....。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/07/22

カードキーに漆を塗りました(UCK2)

とはいっても、もちろん塗ったのは私ではなく、大下美術工房さんです。

写真はこちら。やはり難しく、材質に加えて、高温多湿(乾燥が早い?)が影響したとのことです。(因みに色は青+シルバー粉です)
card0715psweb
今回は試し塗りという感じで、続いて表は黒漆、裏は青漆で塗って頂くことになりました。
で私は、蒔絵をどれにしようかなどデザインを考え中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/19

おまけのThe Crown of King Elessar

【メガーヌ以外も鍵盤に任勢っきり】

ミナス・モルグルのおまけが忘れた頃に到着。ちっちゃな王冠です。

DSCF1711psweb

ミナス・モルグル到着の記事はこちら
ミナス・モルグル発送の記事はこちら
ミナス・ティリスの記事はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/17

FFCちょっとだけ

本日FFCにちょっとだけ参加。

10:00過ぎ到着で並べることも出来ず離れて駐車、挨拶もそこそこに朝食へ、その後ほんの少しだけまったり、でお昼過ぎには退散と参加の皆様、あわただしくてすいませんでした。次回はゆっくりしたいものです。(自宅からはかなり近いのですが....)

FFC2005の俯瞰(11:30頃、クリックで大きくなります)
DSCF171516psweb

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2005/07/16

カードキーに漆を塗りませう(UCK1)

色々なものに漆を塗ることが流行っている???ようですが、今回、メガーヌのカードキーに漆を塗ることを思い立ちました。

早速、以前ケータイを塗って頂いた大下美術工房さんへカードキーの実物を送付し、依頼してみましたが、一度は断られました。というのも素材からして漆塗りには不向きとのことで、職人として保証できないものはやれないということでした。

しかし、私としては既にかなり乗り気になっていたので、ムリを承知、漆がはがれても構わないので、と無理矢理お願いしてしまいました。(ありがとうございました>大下さん)

最初に塗り部指示(写真なし)と下手っぴぃな基本イメージ画像(下写真)を作りました。
・青色はオットマン・ブルーのつもりです....(イメージ違いますが)。ただし、ブルーメタリックという色は難しいとのことでした。
・Meganiste!ロゴ使用については念のため、メガニストスタッフの方に許可いただきました(オリジナルロゴの場合は何千円かの追加料金が発生します)。
・蒔絵は美人画としていますが、どんな蒔絵にするかはまだ決めてません。
web

で、実際に塗って頂いた写真を、昨日いただきましたが、やはり前途多難なようで...。次回、「初回塗り終了(仮)」に続く。


因みに漆塗りケータイはこんな感じです。(大下美術工房さんのサイトにも載ってます)
DSCF1679psweb

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/03

第一容疑者逮捕に至らず

ice>Link:iPodの消失について、本日iPodソフトウェアのアップデートに対して、任意で事情聴取を行ったところ、まったく問題ないことが確認された。

事情聴取内容:
・旧ピンクiPod miniにて現状(ソフトV1.3)でice>Link:iPodが正常に認識されることを確認
・同iPod miniをアップデート後(ソフトV1.4)も正常に認識されることを確認
・ソフトV1.3(Kitty iPod mini)とV1.4(旧ピンクiPod mini)を交互に接続しても、問題なく認識されることを確認

負け惜しみ:
あーる捜査官談「V1.4は問題なかったというだけのことです。今後も捜査は粛々と進めます(と口惜しさを滲ませていた...)。」

関連記事:
「ice>Link:iPodの消失原因を調べる」
「第一容疑者登場!!」


*****************************
新型、もう出てたんですね:
ice>Link Plus
でも、ルノー純正用は入荷不安定で、受注見合わせ中ですかあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »